お知らせ

最新記事

2018 トレックワールド in京都

TREKの2018モデルの展示会、トレックワールドに行ってきました。2018のTREKは性能はもちろん価格面でも他を圧倒ってところかな!

去年は一泊二日で展示試乗会を楽しみましたが、今年は日帰りです。日程はタイトですが、日帰りで十分でした。高速バスで京都まで行きました。昨日の台風の影響で、新名神の区間通行止めがあり、一号線まわりで犬山あたりまで下道。この下道が渋滞。京都まで3時間くらいかかってしまいました。京都から電車に乗り換えて、会場の京都国際会館へ。30分ほど遅れたので、説明がすでに始まっていました。

説明後、展示会場に移って2018モデルをさーっと見て回ります。

今年モデルチェンジしたのはEMONDA SLR。50サイズのフレーム重量が610g。きちんと永久保証もついてます。説明時に他メーカーとの比較をしてましたが…、圧勝のようです。OCLV700クラスのカーボンですが、USA生産ではなく台湾生産のようです。なのでこのクラスでは価格が安いです。性能と軽さと価格において頭一つ出ているようです。

こちらはマドンのプロジェクトワン(カラーオーダー)別府史之スペシャル。ご本人も来てましたが、自転車ともにカッコよろしいです。

個人的に一番いいなぁ、欲しいなぁ、と思ったのは、ドマーネのプロジェクトワン・デゲンコルプスペシャルカラー。ギンギラギンのさり気ないシルバーで魅了されます。次はこれか⁉︎今乗ってるやつ売れたら…。

今年はe-BIKEも展開するみたいです。といっても世界的に人気のMTBモデルではなく街乗りバイクのみですね。市場開拓して、日本の動力規制のこじ開けを狙うのかな?

試乗会もやってましたが、前日の台風のせいか試乗されている方はパラパラといるだけでした。かく言う私も乗る気なしで、装備を何も持たずに来たので写真撮影のみ。皆さん明日試乗されることでしょう。MTBの試乗車は今年もありませんでした。

ボントレガーのパーツ類では、ヘルメットがリニューアルされてました。velocis、Circuitがモデルチェンジです。うちの在庫が型落ちするので値下げだな。半額だ。

 

という感じで、2018 トレックワールド楽しんできました。ハンコ(踏み絵?)もパンパンと押したぜ。