チェーンオイル系最強だと思う

viprosのチェーンオイルが入りました。

高潤滑でチェーンの音なりがなくなるMUON、極圧グリース、対塩水グリース、日焼け止めUVミスト、あと新製品のブルーノ。このブルーノがとてもいい!

耐塩水グリースはヘッド回りに。極圧グリースはベアリング類に。極圧の方はムオンと混ぜて粘度調整が出来ますので、お好みの硬さで使用できます。

UV WATERはスポーツ用の日焼け止め。パッケージがオイルと変わりませんね、もうちょっと考えた方がいいと思いますよ笑。ぱっと見は大事。

新製品のブルーノ。パッケージがいいです。性能はさらにいいです。ブルーノはさらっとしたタイプのチェーンオイルです。低粘度タイプはケイテンという商品がありますが、潤滑性ではムオンの方が秀でてます。このムオンの潤滑性を犠牲にせず、軽く汚れないチェーンオイルが新しく開発されたブルーノです。¥2,200税抜。高級クラスのオイルですね。

(画像メーカーhpより)オイルが張り付くように広がります。この特性が今までのオイルと全く違うので、viprosさんはサスペンド系と呼んでいるそうです。

チェーンリンクの中にコツコツ当ててオイルを入れていき、余分なオイルを拭いて完了。クランクを回してみると、おっ!回転が軽いぞ!しかもまったくオイル飛びの汚れがない。ちょっと乗ってみましたが、軽いです。ムオンより軽い。汚れない。オフ系の方にはムオンでいいと思いますが、ロードの方にはこっちをお勧めします。なんか軽いもん。

viprosさんは良いものを作ります。開発意欲があるという点で他オイルメーカーとの違いが大きいのかも。ブルーノ、オススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。